『日経情報ストラテジー』連載第16回 重回帰分析 書きました!

『日経情報ストラテジー7月号』連載「間違いだらけのデータ分析」第16回は、これまで意図的に扱わなかった「重回帰分析」について書きました。

確かに、とても有効な分析ツールであり、Excelでも何とかできるのではありますが、やはり使いこなせるようになるまで相当な熟練が求められます。

そのため、「はい、みなさんドンドン使って下さいね」とは声高に言えないもどかしさをずっと感じています。

 
人によっては、「じゃあどうすればいいんだ!」と思うだろうなと悩みながらも、良い点と「実務じゃ使えない」点を公平に書いてみました。
「コラム」では「日本人は、非日本人に比べてデータ分析は良く使うのか」という点について、結構良いこと書きました。是非ご覧ください。

CIMG5435 CIMG5436 

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.3(どこかで切ってみる発想)

  2. 英語でのアクティブラーニング授業(横浜国大)

  3. 「日経情報ストラテジー」マネージャためのデータリテラシー講座連載第6回…

  4. 2/28日経BP主催『仮説立案実践講座』登壇致します!

  5. 横浜国大でのロジカルシンキング・課題解決授業

  6. 12/17(木)課題解決のためのデータ分析入門セミナーやります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP