【日経情報ストラテジー6月号連載】マネジャーのためのデータリテラシー講座

【日経情報ストラテジー6月号】の連載です。
連載第9回の今回は、グラフのトリックについて。
執筆時に毎週追いかけていた、横浜市のインフルエンザ情報をネタにしてみました。

B型は増えていない事実をグラフに騙されずに読み取る方法など。
横浜市の情報の見せ方がかなりミスリードだったので、ちょうどよいネタになりました。

 

情報を受け取り、読み取るマネージャクラスの人は、単にデータ分析のやり方を知っているだけではなく、”読み方”(つまりリテラシー)がより求められるのです。

 

リテラシーを付けたいマネージャ、そしてマネージャ以外の方も是非ご覧頂き、データ分析のアウトプットを読み取る力、騙されないスキルを身に付けてください。

T-1 T-2 T-3

 

関連記事

  1. ITPro連載『課題分解で起きる「MECE(漏れなく、ダブリなく)」の…

  2. BizZine連載:なぜデータ分析から「当たり前」の結果しか得られない…

  3. お客様(人事担当者)からの嬉しい評価コメント

  4. 地方創生!RESASフォーラム2017の講演動画 公開です

  5. 新潟県燕市長のブログに掲載頂きました!

  6. 10/23 内閣府イベント『RESASフォーラム』でモデレーターを務め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP