インタビュー記事第2段『高度な統計手法が実務に効果的とは限らない。 最後に物を言うのは、腹の括り方』

ウイングアーク社のインタビュー記事第2段が公開されました。

 

この中で、日産などでの経歴や実務実績などと絡めて語るのは、珍しいかもしれません。

特に、

「組織で活かすデータ分析とはどういうものなのか?」

について多く説明しています。

 

これらすべてが私の研修プログラムにも織り込まれています。

 

是非ご覧ください。

ウイングアーク

 

https://data.wingarc.com/datalovers-kashiwagiyoshiki02-6085

関連記事

  1. 「データを使った課題解決プログラム」のご要望が増えています

  2. 【日経情報ストラテジー連載】課題の切り口はこうして見つけよう!

  3. 仕事や課題の見え方が変わる!ロジカルシンキング・プログラム始動

  4. 日経情報ストラテジー5月号連載!

  5. 3/25 日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』

  6. 取材記事掲載『データ分析の前に、見るべきものとは?エグゼクティブを説き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP