実務データ分析虎の巻Vol.12(仮説構築力を付ける逆説的手段とは

私も講義を担当している多摩大大学院の、豊田先生の著書

(ビジネス統計学入門:幻冬舎)のあとがきの一部を紹介したいと思います。

 

『・・実際、統計学を得意としていた人が、ある時からデータ分析を必要と

しなくなった例を数多く見かける。統計学をマスターしていくと、仮説構築力が

 高まり、データ分析をしなくても、ビジネス仮説が思い浮かぶようになるのだ。

 「データをいじらなくても知見が得られるようになるために、データを効率よく

いじる技を身に着ける」。・・・』

 

逆説的ですが、とてもよく奥深い本質を表していると思いました。

データ分析スキルを自分のモノにする一番の近道は、自分の仕事で使うこと、

そして場数を踏むことで、仕事における課題解決のセンスが磨かれるというのは、

私の経験からも頷けます。

そのためには、難しい分析手法を知ることをゴールにするよりも、やはり目の前の

仕事にすぐ使える方法を知るほうが大事だと思います。

 

とはいえ、何の指針もなく闇雲に実践に突入するのではなく、適切なプロセスを

踏むほうが効率的、効果的です。私の研修や実務サポートでは、この暗黙知に近い

スキルを可視化、体系化して、できるだけ分かり易く身に着けてもらうことを

目指しています。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.11(Excelが分析の足を引っ張るとき?…

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.17(最初の課題定義で気を付けること:その…

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.20(最初の課題定義で気を付けること:その…

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.31(分析結果は“結論”ではない)

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.3(どこかで切ってみる発想)

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.25(“普通”と比べて違いを探す)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP