実務データ分析虎の巻Vol.16(最初の課題定義で気を付けること:その1)

bnr_toranomaki

データ分析のベースとなる部分(分析する前の考え方など)は、ロジカルシンキングの世界そのものだなと強く思います。

ロジカルに考えられた仮説や課題設定ができていないと、いかにその後の分析手法が優れていても、有効な答えにたどり着かないからです。

 

このプロセスは「適切な課題設定」から始まりますが、そのポイントの一つが

「明確、具体的な言葉の定義」です。

 

例えば「売上に対する販促が“効いていない”」という課題に対して、

「そうか!それは問題だ!」と突っ走るのではなく、

「効いていない」と判断した根拠を定量的に確認、共有しておくことは重要です。

 

“半年前はXXX円の販促で来店者が5%増えたが、現在では1~2%に留まる。”

 

を課題だと具体化できれば「それはまだ課題と呼べない」とか、「5%増はそもそも

標準的だったのか」といった確認や議論ができます。

ここを蔑ろにしたまま突っ走ると、何のために分析し、その結果をどう評価するかが曖昧なまま作業に突入します。

 

これを避けるのが、「適切な課題設定」なのです。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.25(“普通”と比べて違いを探す)

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.30(直球一発で目的を仕留めるには)

  3. 実務データ分析虎の巻Vol. 13(動画公開)データから情報を絞り出す…

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.5(データをKPI策定にうまく使うには?)…

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.21(それは“誰の視点”での課題ですか)

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.6(正しいアプローチでも“使えない”結果に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP