実務データ分析虎の巻Vol.25(“普通”と比べて違いを探す)

bnr_toranomaki
 
複数のデータを比較して違いを探すことから、「課題のポイント」を見つけることがデータ分析の第一歩です。
  
2~3種類のデータであれば単純にそれぞれを比較すればよいのですが、数が増えるとそれも難しくなります。
  
そのような場合、「全体の標準(普通)」と比べて差が大きいものをあぶり出すことが有効です。全体の標準には”平均“などを使うことが多いでしょう。
    
  
 先日、亜細亜大で行ったワークショップで、学生の一人が、全球団の平均年間ホームラン数と、その年の優勝チームのホームラン数に違いがあるのか、つまり、ホームランは優勝の重要要素なのかをデータを使って調べようとしました。

 この場合、「全球団の平均数」を”普通“と考え、優勝チームの数をそれと比較することで、差異が見つかるかもという仮説を持ったわけです。

結果は「ホームラン数は必ずしも優勝の要因とはならない」ということでした

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.26(仮説の作り方)

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.23(「アンケート結果を平均で比較する」を…

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.33(考える順番が真逆です)

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.28(データを仕事に活かすための3つの箱)…

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.40(マネージャに求められるデータリテラシ…

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.35(統計的精度はどこまで必要か)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP