実務データ分析虎の巻Vol.6(正しいアプローチでも“使えない”結果になるワケ#1)

商品軸、顧客セグメント軸、地域軸など、データはある軸を決めて分解することで

初めて深掘りを開始することができます。

「どの軸が良いのか」はケースによりますが、実務でうまく成果を出すためには、

考えておくべき点があります。

今回はその一つ目『目的へのインパクトを考える』です。

 

理論的には仮説としていくつもの軸が思いつくかもしれません。

 

例えば、地域軸で売上データを分解して、地域ごとのバラつきが分かったとしても、

そのビジネスがネット販売であれば(地域に左右されないので)どうでしょう。

論文としては良いかもしれませんが、実務への活用という点からは”使えない“情報に

なってしまいます。

 

「その軸は目的に影響(違い)を与える要素か?」という視点が必要といったことは、

いわゆるデータ分析本には書いていないと思います。

 

でも目的を意識しながら分析の範囲を絞っていかないと、非効率だけでなく絵に

描いた餅にしかなりません。 分析の早い段階で押さえておきたいところですね。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol. 15(動画公開)データから情報を絞り出す…

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.7(正しいアプローチでも“使えない”結果に…

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.30(直球一発で目的を仕留めるには)

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.16(最初の課題定義で気を付けること:その…

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.12(仮説構築力を付ける逆説的手段とは

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.3(どこかで切ってみる発想)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP