実務データ分析虎の巻Vol.6(正しいアプローチでも“使えない”結果になるワケ#1)

商品軸、顧客セグメント軸、地域軸など、データはある軸を決めて分解することで

初めて深掘りを開始することができます。

「どの軸が良いのか」はケースによりますが、実務でうまく成果を出すためには、

考えておくべき点があります。

今回はその一つ目『目的へのインパクトを考える』です。

 

理論的には仮説としていくつもの軸が思いつくかもしれません。

 

例えば、地域軸で売上データを分解して、地域ごとのバラつきが分かったとしても、

そのビジネスがネット販売であれば(地域に左右されないので)どうでしょう。

論文としては良いかもしれませんが、実務への活用という点からは”使えない“情報に

なってしまいます。

 

「その軸は目的に影響(違い)を与える要素か?」という視点が必要といったことは、

いわゆるデータ分析本には書いていないと思います。

 

でも目的を意識しながら分析の範囲を絞っていかないと、非効率だけでなく絵に

描いた餅にしかなりません。 分析の早い段階で押さえておきたいところですね。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.41(現場のモチベーションが上がるデータ分…

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.39(課題定義が全てを決する)

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.29(標準偏差を求める2つのExcel関数…

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.22(一番使われているデータ分析ツールはや…

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.28(データを仕事に活かすための3つの箱)…

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.38(研修の効果を最大化する鍵はこの”違い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP