日経情報ストラテジー連載第17回

CIMG5584『日経情報ストラテジー8月号』、「間違いだらけのデータ分析」第17回の今回は、これまであまり触れてこなかった”検定”について。

 

なぜ触れてこなかったかというと、連載の中でも触れましたが、実務で日常的に使うことに馴染まないからです。

 

ただ、専門的、統計的な視点では、知識として知っておいて損はないと思い、そのエッセンスを紹介しました。

データ分析で使うデータは”全て”を表しているわけではなく、あくまで”サンプル”ですので、そのサンプルからその外も含めた全体の傾向を確かめるという発想です。

CIMG5585

 

 

 

 

 

 

遂に次回、この連載も最終回となります。もちろん、新連載も準備中です。

どうぞこちらもお楽しみに!

関連記事

  1. 12/3 セミナー登壇「データを”立体的”に見…

  2. 8/7 多摩大大学院MBA「クリティカルシンキング」の無料体験授業やり…

  3. 7/13 京都にて「ビジネス実務データ分析セミナー」登壇します!

  4. 新刊『Excelで利益シミュレーションができるようになる本』が発売され…

  5. 11/11新刊発売です『データ競争力を上げる上司、下げる上司』

  6. 横国での留学生向け授業

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP