英語版のブログも書いています

仕事で使うデータ分析スキルは万国共通の”ユニバーサルスキル”です。

そのため、横国での留学生向け講義やタイの大学での講義など、内容もほぼ同じものを英語でやっても

受講者の前向きな反応や評価は日本人向けに行ったものと同じものを感じます。

リンク:Basic Data Analysis for business

 

最近では、横国の授業で使ったメインページを、授業中の様子や感想などと一緒に簡単に紹介しています。アクセスは北米を中心にアジア、ロシア、ヨーロッパ、インドなど世界中からあります。

日本国内であっても英語での研修やサポートが必要な方は是非ご相談ください。

 

ちなみに表紙の写真は、北鎌倉の明月院です。(外国人が日本をイメージする写真にしてみました)

無題

 

 

関連記事

  1. 【多摩大大学院クリティカルシンキングクラス完了】

  2. 宣伝会議『100万社のマーケティング』行動経済学連載 現状維持バイアス…

  3. BizZineオンライン連載『分析作業の前に必要となる「課題定義」、5…

  4. リニューアルで書店に登場!「それちょっと、数字で説明してくれる?と言わ…

  5. IoTやBIと分析スキルとの関係を整理すると・・

  6. 『日経情報ストラテジー』連載「あまのじゃくなロジカルシンキング第7回」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP