行動経済学連載 宣伝会議「100万社のマーケティング」

行動経済学がテーマの連載第7回は、「アンカリング」について書きました。

アンカリングとは、最初に提示された数字をアンカー(錨)として、次に見た数字をそこから相対的に見てしまうというバイアスの一つです。

 

こういった人の意思決定に関わるバイアスを知っていることは、どのような意思決定の場面でも有効です。単に合理的なものの見方だけで全てが説明できるわけではないからです。

 

ただ、本連載の主旨はちょっと変えていて、よくある”理論の解説”ではなく、そのポイントはこちらに集約されています。
『消費者が慣れてきていることや、大量の情報が簡単に手に入り、自分の基準を簡単に検証できる環境になってきていることを考えると、行動経済学が生まれた当時にもてはやされたこの理屈も、かつてほど額面通りにはいかなくなってきているだろうと考えている。』

ご興味ある方は是非、ご覧ください。

 

P_20161204_163439 P_20161204_163545

関連記事

  1. 【日経情報ストラテジー連載】あまのじゃくなロジカルシンキング

  2. 「データを使った課題解決プログラム」のご要望が増えています

  3. 1/12日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』開催!

  4. 私を選択頂く理由

  5. 統計学の研修がなぜ企業で受けないのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP