翔泳社が提供しているBizZineオンライン連載第2回の記事が掲載されました。

 

『先が見えない新事業を「見える化」する方法―Excelによる利益シミュレーション』

と題して、見えない将来の予測をどうシミュレーションするのか、について書きました。

何となくガッツで計画してしまいがちな事業計画をできるだけ定量的に利益計算をすることで、事業の見通しやリスクまで共有することができます。

 

事業計画・提案がぐっと説得力を増す瞬間です。是非、ご覧ください。

http://bizzine.jp/article/detail/1500Bizine

関連記事

  1. 3/10『データ活用最前線2017』基調講演に登壇致します!

  2. BizZine連載「「感度分析」を使って、相手を“おぉ!”と唸らせるシ…

  3. BizZineオンライン連載「「それ、儲かるの?」にどう答えるか―Ex…

  4. 「データを使った課題解決プログラム」のご要望が増えています

  5. 『人は勘定より感情で決める』電子書籍版発売です

  6. (12/3) data tech 2015 winter特別講演に登壇…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP