データ分析力を本当に組織の力にするために何が必要か

いくつもの業種にまたがるクライアント様のお手伝いをする中で、うわべだけでなく、本当の意味でデータ活用力、問題解決力、分析力を組織の力に変えたいと考えている人やチームに出会う一方、そこまでの本気度や熱量に至っていないケースもあります。

 

例えば、

データ分析に関わらず一般的に「研修」によって到達したいゴールは何でしょうか?

こういう整理はされているでしょうか?
a) 効果や必要性について気づきを得る(知る)
b) テクニックや理論などを理解する
c) 理解したことを演習を通じ(現実の難しさと併せて)体験する
d) 理解したことを実践に移す(実践しようというモチベーションを持つ)
e) 実践で使い続ける
f) 実践で成果を出す

一般的に一日研修や半日セミナーなどで到達できるのは、上記c)までというのが現実的ではないでしょうか。
一方で、刺激的な研修を受講させることで、受講者がd), e), f)に自然に移行することを期待しているケースも
あります。

確かに気持ちは分かります。でも、どんなにすばらしい研修であっても、現実的にはかなり難しいでしょう。
人の気持ちは、外部からの刺激だけで、180度変わることはほぼありません。
自分の内にあるモチベーションによって、自らの行動を180度変える人はいるかもしれませんが
これは外部からの刺激とは全くの別ものです。
(むしろそういう人は、外部のセミナーの力など借りなくても、既に自ら動いているはずです)

7225a06576ce1157183dd9ea1d4e3fdf_s

理解し、知識やスキルを得ることと、個人がやる気になる(モチベーションを持つ)ことは
別な問題として切り分けて考えることが必要です。

「やり方を知ったから」

これだけでは、人の気持ちや行動は変わりません。
世の中には、「人の気持ちにスイッチを入れる」ようなセミナーや研修もあるでしょう。
でも多くの場合、それはその瞬間(せいぜい2~3日間)しか持続しません。
一時の高揚感がそうさせることはあります。でも、それは持続的な競争力には及びません。

大事なことは、

(1)知識やスキル習得  と
(2)個人や組織としてのモチベーション

とを切り分けて、それぞれの対策を考えることです。

特に(2)については、「みんなで頑張ろう」といった掛け声だけでは全く響きません。
実際には、人事制度や評価、仕事のやり方などを大きく変えないと何も起こらないことの
ほうが圧倒的に多いのです。
日々の業務をサバくことに忙殺され、それをこなしてさえいれば業務評価に◎がもらえる、という
状況下で、「君もスキルを高めて課題解決しなさい」と正論を言っても、「はい」という返事と
裏腹に、何も起こらないのが自然です。

ここまで本気で組織力を高めたい、現状を変えたいと考えているか(覚悟があるか)、
上記の(1)と(2)を切り分けて考えることで、このポイントも考えざるを得ない状況に
なるはずです。

そして、その覚悟と気の入れようが大きい組織が、ある程度の時間を掛けながらも変化
している、と実感させられます。

せっかく時間とお金をかけて行う研修です。

しっかりと組織力、具体的な成果に結びつく形に持ってきたいですよね。
私としても、自分の組織人経験、実務経験があるだけに、そこに持っていくことにこだわりがあります。

皆さんの組織やチームはいかがでしょうか?

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 7/13 京都にて「ビジネス実務データ分析セミナー」登壇します!

  2. 日経情報ストラテジー連載「あまのじゃくなロジカルシンキング」

  3. 7/28 日経BP主催『仮説立案実践講座』登壇です

  4. 日経BP新連載「マネジャーのためのデータリテラシー講座」

  5. 『100万社のマーケティング』で行動経済学の連載開始!

  6. 『日経情報ストラテジー7月号』連載 マネージャのためのデータリテラシー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP