Microsoft社とのタイアップ記事

先日、日本マイクロソフト社とタイアップイベントとして、データ分析をいかに

仕事に使うかというテーマで対談を行いました。

 

その内容はオンラインの記事としてアップされました。

https://gunosy.com/articles/Rdai5

 

そこで思いついた言葉が「全員参加型データ分析」(私が思いつきました)。

一部の専門家が時間を掛けて分析するのではなく、現場にいる人たちがカジュアルに

くるくると必要な分析を回していくことが組織全体の競争力そのものになりますよね。

それを表したよい表現だと思っています。

 

是非とも今後もマイクロソフト社とは色々やっていきたいなと思っています。Microsoft

 

関連記事

  1. 【ウイングアーク社オウンドメディア連載最終回】

  2. ITPro連載『課題分解で起きる「MECE(漏れなく、ダブリなく)」の…

  3. データ分析本には載っていない実務活用のコツ(相関編)

  4. BizZine連載『あなたに見えていない「あなたの根拠が納得されない理…

  5. BizZine連載「「感度分析」を使って、相手を“おぉ!”と唸らせるシ…

  6. 『日経情報ストラテジー4月号』連載「マネージャためのデータリテラシー講…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP