Microsoft社とのタイアップ記事

先日、日本マイクロソフト社とタイアップイベントとして、データ分析をいかに

仕事に使うかというテーマで対談を行いました。

 

その内容はオンラインの記事としてアップされました。

https://gunosy.com/articles/Rdai5

 

そこで思いついた言葉が「全員参加型データ分析」(私が思いつきました)。

一部の専門家が時間を掛けて分析するのではなく、現場にいる人たちがカジュアルに

くるくると必要な分析を回していくことが組織全体の競争力そのものになりますよね。

それを表したよい表現だと思っています。

 

是非とも今後もマイクロソフト社とは色々やっていきたいなと思っています。Microsoft

 

関連記事

  1. 1/18【第11回】「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・講…

  2. 『日経情報ストラテジー』連載16回 回帰分析!

  3. 3/10『データ活用最前線2017』基調講演に登壇致します!

  4. 5/15 『Excelによる事業利益シミュレーション基礎講座』を開催

  5. 【日経情報ストラテジー連載】あまのじゃくなロジカルシンキング第4回

  6. なぜ意味のない「グラフや表」が大量生産されるのか-分析前にすべきこと(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP