「問題解決」の本、5/14発売です!

そうか、ここが問題だったんだ! がどんどん見えてくるデータの読み方・活かし方』(大和出版)が発売となります。

3月から続けての新刊です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4804718214
新潟県燕市で行った実務問題解決のプロジェクトを実録した「課題解決」の実例本と言うのがもっとも近い表現になります。

 

データ分析のやり方や応用事例はたくさん見たけど、実際に仕事の場でどうやって活用して、どういう成果を出せるのか、ということはあまり表に出てきていません。

一方で、それが「一番知りたいこと」だったりするのも事実です。

 

この点を初めて本にしたのがこちらです。

 

これまでの私の書籍とアプローチが異なり、データ分析の手法解説は1行も出てきません。

 

どうやって数字を武器に”答えを導き出すのか”、を「観光振興」というテーマで職員の皆さんと行った内容です。

 

「ああ、例えばそうやってやるわけね!!」

 

と頷いて頂ける内容を目指しました。

どうぞよろしくお願い致します!

 

Souka1 souka2 souka3

関連記事

  1. オンラインインタビュー『「御社のデータ活用」が一向に進まないワケ』

  2. 2020年度のご依頼・相談はお早めに

  3. 東洋経済主催『実践!データ分析活用講座』(9/26)

  4. 宣伝会議『100万社のマーケティング』行動経済学連載 最終回

  5. 3/16 産学官連携シンポジウム「KYOTO AI(きょうと あい) …

  6. データ分析本には載っていない実務活用のコツ(相関編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP