「行動経済学のマーケティングへの応用」宣伝会議での連載記事が注目されています!

行動経済学をどうマーケティングに応用するか

宣伝会議発行の『100万社のマーケティング』に連載を続けている、行動経済学をマーケティングにいかに応用するか の連載記事が注目されています。

リチャード・セーラー氏が、行動経済学でノーベル賞を取ったことによって、再度行動経済学に注目が集まっているのです。

私は『人は勘定より感情で決める』(技術評論社)という本を出しているほど、行動経済学好きで、理論的、客観的なデータ分析、ロジカルシンキングとの両輪で、人の非合理性を知っておくことの重要性を考えています。

 

行動経済学を日常の判断や、マーケティングへの応用、経営上の意思決定などと繋げてかみ砕いたセミナーなども行っておりますので、ご興味ある方はご一報ください。

 

注目高まる行動経済学「コントロール幻想」で購買意欲を高められる!?

関連記事

  1. 地方自治体職員向け「データ分析活用研修」の特集(記事公開)

  2. 「データ分析が”活用”できている状態」とはこういうことです。

  3. (4/19)日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』

  4. 『子供の貧困問題』をテーマとした地方自治体データ活用プロジェクト始動

  5. 『日経TRENDY 4月号』にデータ活用の寄稿

  6. お金に代えがたいありがたい評価を頂きました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP