『日経情報ストラテジー』連載「マネージャのためのデータリテラシー講座」

『日経情報ストラテジー』「マネージャのためのデータリテラシー講座」第8回
の今回は”グラフリテラシー(グラフを正しく読み取る力)”について。
 
見た目や視覚に頼り過ぎると、騙されたり、勘違いしたりしがちなグラフ。
数字そのものや、まとめ方自体が間違っていなくても受け取るメッセージが同じになるとは限りません。そこに落とし穴があるのです。
そこで、正しく情報を読み取るためのスキルとは、について書きました。
今回は、次の3点について
1)折れ線グラフの「基点」はどこか
  折れ線グラフの最初(基点)を100と決め、そこからの推移を相対値で表すグラフをよく目にします。ところが、基点をどこに取るかによって、その印象はガラリと変わります。つまり、作成者が恣意的に印象操作することや、間違ったイメージを与えるリスクがあるのです。
2)省略された「軸」の危険性
 棒グラフの縦軸など、一部の縮尺を省略して書くと、見た目の印象(とくに変化の幅)が変わります。恣意的に変化を大きく見せようとすると、この手が使われることが多いようです。見る側としても注意が必要です。
3)印象が2乗にも3乗にもなる「立体」マジック
 立体の棒グラフや、3次元を意識した球体のバブルチャートなど、書き手に何ら意図が無くとも、見る側に課題な印象を与える(実際の数値の2乗や3乗の大きさの印象を与える)ことがあります。”見た目がきれい”にこだわり過ぎると”正確さ”を失ってしまいます。
ネタが多いので次号にも続きます。
また、今年後半には、これらマネージャ向けの内容を演習と混ぜて、日経BP社よりセミナーに昇華させることも計画中です。
是非お楽しみに!
CIMG6837 CIMG6838 CIMG6839

関連記事

  1. 2019年もよろしくお願い致します

  2. (12/3) data tech 2015 winter特別講演に登壇…

  3. 2016年もよろしくお願い致します。

  4. インタビュー記事「先に原因と結果のストーリーを考えれば、データ探しに迷…

  5. 横国でのLogical problem solving授業

  6. 三越伊勢丹様との対談を掲載しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP