『日経情報ストラテジー12月号』連載:あまのじゃくなロジカルシンキング

 

日経情報ストラテジー(日経BP社)12月号に、「あまのじゃくなロジカルシンキング」第3回連載が掲載されています。

 

今回は、「論理性に欠ける2つのポイント その内容が何かを知る」と題して、2つのポイントを解説しています。

 

一つは、根拠に抜け漏れがある場合

もう一つは、論理が飛躍している場合

 

いずれも、よく起こりがちな事例と共に、ロジカルシンキングの質をより高めるための注意点や思考、視点を紹介しています。

 

データ分析をするにも、課題解決をするにも、提案・企画をするにもこれらの視点、発想は必須です。

 

また、11~12月に実施予定のオープンセミナーの紹介も2つ出ています:

・11/22:仮説構築実践講座

・12/9:課題解決のためのデータ分析入門セミナー

 

是非ご一読ください。

P_20161029_090527 P_20161029_090444 P_20161029_090422

 

 

関連記事

  1. 日経XTech新連載『データ分析を阻む厄介な存在』第2回

  2. BizZineオンライン連載『分析作業の前に必要となる「課題定義」、5…

  3. 三越伊勢丹様との対談を掲載しました

  4. 2/13 「マーケティング・テクノロジーフェア2018」にて登壇します…

  5. 東洋経済主催『実践!データ分析活用講座<2日間>』(3/3, 3/11…

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.3(どこかで切ってみる発想)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP