『日経情報ストラテジー4月号』連載「マネージャためのデータリテラシー講座」

2/29発売の「日経情報ストラテジー4月号」。

連載「マネージャのためのデータリテラシー講座」第7回の今回は、

 

データ数(サンプル数)の違いは気にしていますか?

 

というテーマ。

分析手法うんぬんではなく、あつかうデータの数によって、同ことをやってもこれだけ結果に差が出ますよ、

という”分析過程ではなく結果だけを見せられる”マネージャに向けた注意点を書きました。

 

これに加えて、今回のコラムでは「データ思考のチーム作りに必要なこと」として、”時間”を重要項目として挙げました。

忙殺されているチームは、データの深掘りなんてできない、といった泥臭い、でも本質的な話です。

 

今号は随所に私が登場しております。是非ご覧下さい。

CIMG6670 CIMG6669 CIMG6668 CIMG6666 CIMG6665

関連記事

  1. BizZine連載「データドリブンが陥る落とし穴」ーRESASを用いた…

  2. 『行政&情報システム』で、地方自治体のデータ活用スキル特集記事を書きま…

  3. 『日経情報ストラテジー3月号』第12回連載

  4. BizZine連載:“データで課題解決”をロジカルに進める、3つのポイ…

  5. 新潟県燕市データ活用プロジェクト始動!(地場産業の活性化)

  6. 横国での「損益シミュレーション」の講義終了しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP