『100万社のマーケティング』行動経済学連載(ゴールフレーミング)

宣伝会議『100万社のマーケティング』での行動経済学 連載第5回。
人を突き動かして行動させるにはこれが効く!というゴールフレーミングを紹介。

健康関連商品などはこのアプローチが多いですね 。

 

でもやはり、「合意に至る」「相手を巻き込む、説得する」というゴールを見据えると、相手の心の動きやバイアスを知っていることは本当に重要だと思います。

単にロジックとデータだけで太刀打ちできないケースもありますので。

 

ご興味ある方は是非ご覧下さい。

また、行動経済学をテーマとした講演も増えておりますので、ご相談ください。

 

P_20160530_145808P_20160530_145946

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 受講者が社内ビジネスコンテストで優勝!

  2. 『子供の貧困問題』をテーマとした地方自治体データ活用プロジェクト始動

  3. 明日発売『週刊ダイヤモンド3/4号』特集記事書いています。

  4. ITPro連載『課題分解で起きる「MECE(漏れなく、ダブリなく)」の…

  5. BizZine連載第3回『日本で富士山に次いで高い山は?」に答える、分…

  6. 東洋経済主催「データ分析活用3日間研修」締め切り迫る!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP