『100万社のマーケティング』行動経済学連載(ゴールフレーミング)

宣伝会議『100万社のマーケティング』での行動経済学 連載第5回。
人を突き動かして行動させるにはこれが効く!というゴールフレーミングを紹介。

健康関連商品などはこのアプローチが多いですね 。

 

でもやはり、「合意に至る」「相手を巻き込む、説得する」というゴールを見据えると、相手の心の動きやバイアスを知っていることは本当に重要だと思います。

単にロジックとデータだけで太刀打ちできないケースもありますので。

 

ご興味ある方は是非ご覧下さい。

また、行動経済学をテーマとした講演も増えておりますので、ご相談ください。

 

P_20160530_145808P_20160530_145946

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 埼玉県立熊谷図書館にて講演しました

  2. 横浜市役所のデータ活用力育成を行っています

  3. 9/5 SMBC主催『データ分析・統計手法の実務活用ポイント』セミナー…

  4. BizZineオンライン連載『分析作業の前に必要となる「課題定義」、5…

  5. 本日発売!『上司からYESを引き出す! 「即決される」資料作成術』

  6. BizZine連載:なぜデータ分析から「当たり前」の結果しか得られない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP