『100万社のマーケティング連載』行動経済学のマーケへの応用

『100万社のマーケティング』2015年12月号(季刊誌です)に、行動経済学をマーケティングの応用する事例などを載せた連載(第3回)が掲載されています。

 

行動経済学は、人は決して経済合理的に意思決定するのではなく、一定の「バイアス」の傾向があることを学問的に説明した”面白い”学問です。

 

それを知っていると、人の思考や行動が分かります。それが分かると、客観的な論理だけではなく厚みのある施策が取れるのです。

 

今回は、経済行動学のたくさんのコンセプトの中の一つ「選択フレーミング」について書きました。

 

私の連載分だけについてはオンラインでも無料でご覧いただけます。

http://www.advertimes.com/20151127/article210293/

CIMG6281 CIMG6282

関連記事

  1. 『あなたの組織がデータを活かせていないワケ』オンライン連載 第3回

  2. 【オンライン連載】【ワークスタイル】「選ばれる」コンサルタント :サラ…

  3. 【地方自治体研修】新潟県燕市様

  4. 高校生からデータ分析に取り組む地方自治体イベントに参加

  5. 本日発売!『上司からYESを引き出す! 「即決される」資料作成術』

  6. 4/20 日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』開催です!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP