【日経BP主催『仮説立案実践講座』(4/27水)】開催です。

データ分析や課題解決をしようとすると、多くの人が詰まってしまう「仮説の立て方」。
仮説は、思い付いたものをただ単に並べれば良い、といものではありません。
自分の視野の広げ方や、ロジカルな仮説の立て方まで、実践的な内容をお伝えします。
 
毎回大好評につき、今回で4回目の開催です。大手コンサルファームの研修でも実施している、他では受けられない内容です。
次のようなプログラムになっております。是非、ご検討下さい。
1. 仮説構築に必要なロジカルシンキング
・仮説とロジカルシンキングのつながりについて
・ロジカルシンキングについて
2. 仮説前に押さえておきたい「課題定義」
・課題とは
・押さえておきたい3つの注意点
3. “分解”視点の仮説立案
・課題ポイントを特定するために必要な“分解”のための仮説について
4. “要因特定”の仮説立案
・要因を広く洗い出すための視野の広げ方について

5. データ分析のなかの仮説アプローチ
・データ分析プロセスの中で仮説をどう活かすのか
仮説立案

関連記事

  1. 「ロジカルに考える」とはどういうことか

  2. 自治体職員向け:行政にデータ(分析)を行かす人材育成プログラム

  3. 「データ分析が”活用”できている状態」とはこういうことです。

  4. 10/24【第14回】「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・…

  5. 11/11新刊発売です『データ競争力を上げる上司、下げる上司』

  6. 『日経情報ストラテジー12月号』連載:あまのじゃくなロジカルシンキング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP