インタビュー記事「先に原因と結果のストーリーを考えれば、データ探しに迷わない。データ分析における逆転の発想とは」

ウイングアーク社によるインタビュー記事の第1弾が掲載されました。

 

私がいつも言っている、「データ分析が苦手」「データ分析ができない」人が陥っている盲点について述べています。

 

自分のストーリー(仮説)を先に立ててから、必要なデータを集め、分析で確認する、という流れについて丁寧に説明させて頂きました。

 

この中身を実際の演習含め、理解・体験して頂くのが私の研修プログラムの神髄です。

 

是非インタビュー記事をご覧ください。

データの時間

 

 

 

 

 

https://data.wingarc.com/datalovers-kashiwagiyoshiki01-6065

関連記事

  1. 高校生からデータ分析に取り組む地方自治体イベントに参加

  2. マネージャのためのデータリテラシー講座(連載第3回)

  3. 9/28新刊発売『上司からYESを引き出す! 「即決される」資料作成術…

  4. 横浜国大でのロジカルシンキング・課題解決授業

  5. 『日経情報ストラテジー4月号』連載「マネージャためのデータリテラシー講…

  6. 連載『あなたの組織がデータを活かせていないワケ』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP