マネージャのためのデータリテラシー講座(連載第3回)

本日発売の『日経情報ストラテジー12月号』です。
マネージャのためのデータリテラシー講座第3回は、データ範囲の選び方について。

分析者に丸投げするとロクなことが起こらないので、しっかりチェックしましょう、という内容です。

自分で実際に分析作業をしないマネージャの立場の人が、どうチームのアウトプットの質を高め、リスクを軽減するか、という技術ではなく、知識と考え方をお伝えしています。

いずれ絶対にこれも研修・セミナーコンテンツにしようと思っております。
今回は本の出版や、先月始めた新セミナー「仮説立案」の盛況ぶりの記事など複数箇所に登場しています。 機会があれば是非ご覧下さい。

 

CIMG6181 CIMG6182 CIMG6184 CIMG6185

関連記事

  1. 2017年のご挨拶

  2. 新潟県燕市データ活用プロジェクト始動!(地場産業の活性化)

  3. (Yahoo! News寄稿)アンケート結果をどう料理するか

  4. 『100万社のマーケティング』行動経済学連載(ゴールフレーミング)

  5. 日経xTECH新連載『データ分析を阻む厄介な存在』第3回

  6. 三越伊勢丹様との対談を掲載しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP