実務データ分析虎の巻Vol.17(最初の課題定義で気を付けること:その2)

bnr_toranomaki

 

前回の「明確、具体的な言葉の定義」に続き、「適切な課題設定」に必要なポイントの2つ目は「データで定量的に」です。

 

例えば、話し言葉ではそのままスルーしてしまいそうな「急激に」や「非常に」といった価格的な表現は、データで問題を解く場合には要注意です。

 

人によって、程度の認識が違っていたり、最悪な場合、意図的に大げさに伝えることもあるからです。

「急激」とは2割なのか5割なのか、いつからのことを指しているのか、など数値化できるとこは事前にはっきりさせることで、出発点の課題認識を共有できます。

 

 

『“非常に”売れたといっていたくせに、たったこれだけのことか。』

 

といったオチ になりませんように。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.1(「仮説」の発想はどこから来るのか?)

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.9(データの組織浸透度を確かめる6つの質問…

  3. 実務データ分析虎の巻Vol. 14(動画公開)データから情報を絞り出す…

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.11(Excelが分析の足を引っ張るとき?…

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.21(それは“誰の視点”での課題ですか)

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.10(「全てのデータを使用」でも結論を見誤…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP