実務データ分析虎の巻Vol.18(最初の課題定義で気を付けること:その3)

bnr_toranomaki

 

「売上が30%も落ちたよ」

と聞いて、ここにどんな問題があるかすぐに思いつきますか?

「明確、具体的な言葉の定義」、「データで定量的に」に続き、
「適切な課題設定」に必要なポイントの3つ目は「比較対象を明確に」です。

 

  「30%落ちた」という表現。

昨月と比べてなのか、昨年同期に比べてか、 それとも5年前と比べてなのか。

それにより言っている内容は全然違います。
また、比べる対象は、このように期間的なことだけでなく、競合や 自社の他製品など他にもたくさん考えられます。

「前年同期比で」30%落ちていても、「対競合」では+5%かもしれません。
これってどういうことか分かりますか?前年比で市場が縮んでいるだけで、
その中で自社は善戦(シェア拡大)している可能性が高いといえます。

 

言っている人は「そんなの当り前」と思って、無意識に省略してしまいがちです。

言う人と聞く人の想定が違うことが後から判明、とならないように最初から明確にしておきたいものですね。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.35(統計的精度はどこまで必要か)

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.6(正しいアプローチでも“使えない”結果に…

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.36(KPI設定のプロセス)

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.31(分析結果は“結論”ではない)

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.43 (データはいくつ必要なのか?)

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.37(データ分析活用の本質はテクニックや知…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP