実務データ分析虎の巻Vol.21(それは“誰の視点”での課題ですか)

bnr_toranomaki

 

データ分析はもちろん、課題解決を行う最初のステップは課題定義ですが、課題を定義するにも、「誰にとっての(誰の視点での)」課題かを意識することを忘れることがあります。

 

それによってゴールとなる指標が変わるからです。

 

例えば、『観光振興』という課題に対して、観光地や行政(地方財政)の視点では「いかに観光収益を上げるか(観光客にお金を落とさせるか)」がメイン指標になり、この視点での課題とゴールを明確にします。

 

一方、観光客の視点では、観光客から見た観光地の魅力度を上げ、訪問者の数を上げることがゴールとなり、魅力度や観光客数がメイン指標となるでしょう。

 

同じテーマや課題でも、誰の視点かを決めることの重要さがわかりますね。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.43 (データはいくつ必要なのか?)

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.25(“普通”と比べて違いを探す)

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.19(最初の課題定義で気を付けること:その…

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.26(仮説の作り方)

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.6(正しいアプローチでも“使えない”結果に…

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.38(研修の効果を最大化する鍵はこの”違い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP