実務データ分析虎の巻Vol.29(標準偏差を求める2つのExcel関数)

bnr_toranomaki

 

 

 

セミナーや研修の中で、数値(データ)の大きさを平均などで出すだけでなく、

そのバラつきにも注意を払いましょう、と言っています。

 

データのバラつきを示す指標が“標準偏差”です。

公式など知らなくても簡単にExcelの関数で出せます。

ところが、Excel2010以降、似たような2つの関数が装備されました。

こちらです:

 

(1)STDEV

(2)STDEV.P

 

この違いを簡単に言うと、

(1)はデータがサンプルであると想定したとき、

(2)は使うデータが全てのデータであると想定したときに使います。

 

日本人全員の身長データを使うことは難しいので、街で100人分のデータをサンプルとして使って、日本全体の標準偏差の推定値を出そうとする場合には(1)を使います。

 

でも実際に算出される標準偏差の値は、実はほとんど変わりません。

極めて厳密に統計を極めたい人は違いを意識するでしょうが、一般実務で使うときにその値の差は誤差以下と言えるでしょう。

 

ですので、私はいつもSTDEVだけをセミナーの中で紹介しています。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.48 (分析ツールが活かされる条件とは)

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.44 (分析精度へのこだわりはどこまで必要…

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.43 (データはいくつ必要なのか?)

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.26(仮説の作り方)

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.22(一番使われているデータ分析ツールはや…

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.25(“普通”と比べて違いを探す)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP