実務データ分析虎の巻Vol.4(ゴールを見据えたデータ集め)

bnr_toranomaki

 

 

ゴールを見据えたデータ集め

せっかくやり方を覚えたデータ分析の威力を、職場で十分に発揮するにはどうすれば良いのでしょうか。

「Garbage-in, Garbage-out」という言葉があります。
「ゴミのようなデータを使えば、どんなに分析手法が素晴らしくても、ごみのような結果しか得られない」といった意味です。

では、「ゴミではないデータ」とは何でしょうか。一般論で言えば、そのデータは仕事のゴールにどの位のインパクトを持つものなのか、を考えてみると分かります。

自分の職場だけで何となくモニターし自己最適だけに留まっている分析結果と、関係者がみなその分析結果がどのように自分達の最終ゴールに影響するものなのか把握できている場合とでは、成果が全く異なります。にも関わらず、前者のケースも少なくありません。

「このデータは何のため?」「これを知ると何ができる?」という問いに明確な回答ができるか否か、が確認する術の一つではないでしょうか。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.32(分解と逆の発想)

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.35(統計的精度はどこまで必要か)

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.16(最初の課題定義で気を付けること:その…

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.51 (部門間の業務連携が進んだ理由とは?…

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.1(「仮説」の発想はどこから来るのか?)

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.12(仮説構築力を付ける逆説的手段とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP