実務データ分析虎の巻Vol.8(正しいアプローチでも“使えない”結果になるワケ#3)

データを分解する”軸“を決める際に必要な実践的な視点の三つ目は、『データの有無を意識する』です。

 

理想的なデータの切り口は理論上たくさん思い付きます。

データ分析の本や統計本にはそのような理想的なデータばかり。

でも実務をやったことある人にはすぐに分かります「それは別世界の話だ」と。

 

データの有無だけに分析が引きずられてしまっては本末転倒ですが、理想的な切り口と現実に入手可能なデータの切り口の“落としどころ”をうまく見つけるのも実務分析者としての腕の見せ所です。

例えば、理想的には競合他社との商品別利益率を比較したくても、入手できないので、代わりに利益率を一定と仮定して売上高で代替えするなどの工夫(妥協?)が必要です。

多少精度を落としても目的に少しでも近づけるように、“もがける人”が粘り強い実務データ分析家となるでしょう。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.42(「それは何で測るの?」を合言葉に)

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.39(課題定義が全てを決する)

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.38(研修の効果を最大化する鍵はこの”違い…

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.40(マネージャに求められるデータリテラシ…

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.31(分析結果は“結論”ではない)

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.20(最初の課題定義で気を付けること:その…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP