実務データ分析虎の巻Vol.7(正しいアプローチでも“使えない”結果になるワケ#2)

データをそのまま使うのではなく、何かの”軸“で分解することで深掘り

ができます。その際、理論的な”軸“を考えるだけでなく、実践的な視点が

必要です。今回はその二つ目『対策のイメージは浮かぶか』について。

 

実務家のデータ分析のゴールの一つは、

「具体的な対策(アクション)が取れる」 ことです。

 

例えば、”天候“という軸で売上実績を分解し何か分かったとしても、

天候はコントロールできないため、効果的な打ち手に繋がりません。

これでは、実務的な観点からは”使えない“分析結果となってしまいます。

逆に、“年齢”軸で売上実績を分解した場合、その結果から“30代”への

売上に問題ありと分かれば、その年代向けの対策を具体的に想定できます。

この視点を分析の早い段階で持てば、分析の優先度がはっきりします。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.47 (データ活用の成果を左右するもの(入…

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.42(「それは何で測るの?」を合言葉に)

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.35(統計的精度はどこまで必要か)

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.6(正しいアプローチでも“使えない”結果に…

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.43 (データはいくつ必要なのか?)

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.39(課題定義が全てを決する)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP