宣伝会議『100万社のマーケティング』行動経済学連載 現状維持バイアスとサンクコスト

宣伝会議が季刊で発行している『100万社のマーケティング』での連載です。

 

人は必ずしも合理的に判断、行動しない、その特性を紐解いた行動経済学の連載です。

今回は現状維持バイアスサンクコストについて書きました

どちらも身の回りで陥るケースが多いバイアスです。

データ分析やロジカルシンキングなど合理的、客観的な思考テクニックは当然重要ですが、その威力を何倍にも増大させるのが、人の主観、非合理性の理解です。

 

相手の理解あってこそ、合理性が活きてきますよね。特に人や組織が相手であればあるほどこれが成り立ちます。

 

マーケティングに絡めた記事、ご覧下さい。

P_20170301_162930 P_20170301_163006

関連記事

  1. BizZineオンライン連載『分析作業の前に必要となる「課題定義」、5…

  2. データ活用事例【自治体プロジェクト】

  3. (1/25) 多摩大大学院「クリティカルシンキング」体験授業

  4. 2/9 ビジネスデータ分析研修実施(翔泳社主催)

  5. 9/4 日経BP『課題解決のためのデータ分析入門』セミナーやります!

  6. 『日経情報ストラテジー7月号』連載 マネージャのためのデータリテラシー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP