宣伝会議『100万社のマーケティング』連載

宣伝会議『100万社のマーケティング』での行動経済学に関する連載です。

第9回の今回は、”保有効果”と呼ばれるバイアスについて。

 

マーケティングのビジネス誌ですので、マーケティングへの応用と絡めての内容にしています。

何かを所有(保有)すると、合理的な価値以上の価値を抱いてしまうという心理的なバイアスを理解しないと、相手に合わせたマーケティング、価格付けなどが難しくなります。

 

俗にスイッチングコストと呼ばれる仕組みを理解する上でもとてもためになる理論です。

最近はまた、行動経済学に関する講演のご依頼も続いております。

聞いていて、知的に楽しめる内容ですので、是非ご覧ください。

 

marketing1

marketing2

関連記事

  1. 3/10『データ活用最前線2017』基調講演に登壇致します!

  2. データ分析活用に必要な本質を図式化してみました(レシピ理論)

  3. 台湾版出版決定!『上司からYESを引き出す! 「即決される」資料作成術…

  4. 7/22 日経BP主催 大人気「仮説立案実践講座」実施します!

  5. 2018年2月『自治体職員のためのデータ分析の基本』講座に登壇します

  6. BizZine連載「プレゼン開始後10秒後に、あなたの「提案却下」が決…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP