宣伝会議『100万社のマーケティング』連載

宣伝会議『100万社のマーケティング』での行動経済学に関する連載です。

第9回の今回は、”保有効果”と呼ばれるバイアスについて。

 

マーケティングのビジネス誌ですので、マーケティングへの応用と絡めての内容にしています。

何かを所有(保有)すると、合理的な価値以上の価値を抱いてしまうという心理的なバイアスを理解しないと、相手に合わせたマーケティング、価格付けなどが難しくなります。

 

俗にスイッチングコストと呼ばれる仕組みを理解する上でもとてもためになる理論です。

最近はまた、行動経済学に関する講演のご依頼も続いております。

聞いていて、知的に楽しめる内容ですので、是非ご覧ください。

 

marketing1

marketing2

関連記事

  1. BizZine連載「データドリブンが陥る落とし穴」ーRESASを用いた…

  2. 中国語版『日産で学んだ 世界で活躍するためのデータ分析の教科書』が発売…

  3. 仕事や課題の見え方が変わる!ロジカルシンキング・プログラム始動

  4. 課題解決のためのデータ分析入門(3/24実施!)

  5. 宣伝会議『100万社のマーケティング』行動経済学連載 現状維持バイアス…

  6. データ活用を“武器”とした問題解決スキル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP