宣伝会議『100万社のマーケティング』連載

宣伝会議『100万社のマーケティング』での行動経済学に関する連載です。

第9回の今回は、”保有効果”と呼ばれるバイアスについて。

 

マーケティングのビジネス誌ですので、マーケティングへの応用と絡めての内容にしています。

何かを所有(保有)すると、合理的な価値以上の価値を抱いてしまうという心理的なバイアスを理解しないと、相手に合わせたマーケティング、価格付けなどが難しくなります。

 

俗にスイッチングコストと呼ばれる仕組みを理解する上でもとてもためになる理論です。

最近はまた、行動経済学に関する講演のご依頼も続いております。

聞いていて、知的に楽しめる内容ですので、是非ご覧ください。

 

marketing1

marketing2

関連記事

  1. 台湾で翻訳本が発売です『上司からYESを引き出す! 「即決される」資料…

  2. note記事『「正しいデータを使う」のはこんなにも難しい、というお話』…

  3. BizZine連載「机上のスキルで終わらせない、ロジカルシンキング・レ…

  4. 【日経情報ストラテジー連載】あまのじゃくなロジカルシンキング

  5. 横浜国大でのロジカルシンキング・課題解決授業

  6. なぜ意味のない「グラフや表」が大量生産されるのか-分析前にすべきこと(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP