日経情報ストラテジー連載「あまのじゃくなロジカルシンキング」

日経情報ストラテジー7月号の連載「あまのじゃくなロジカルシンキング」。

 

今回のテーマは、みんなが悩む、

ロジックツリーは一体どこまで掘り下げればよいのか、

について。

 

課題や要因を掘り下げるときに、ロジックツリーと呼ばれるものを用いて、構造化します。

理屈ではわかるのですが、一体どこまで掘り下げればよいのか、という現実的な処方箋として実践的な方法論を紹介しています。

 

これはどこにも書いておらず、でも実践してみると誰もが実際に悩む大きなポイントなのです。

提案を作る、課題解決をする、データ分析をする、いずれにおいてもとても大切なポイントです。是非ご覧ください。

7/28実施の「課題立案実践講座」の案内も大きく掲載頂いております。

 

Pic 1 Pic 2 Pic 3

関連記事

  1. (再掲)6/1 日経BP 『課題解決のためのデータ分析入門』登壇です。…

  2. インタビュー記事第2段『高度な統計手法が実務に効果的とは限らない。 最…

  3. 燕市様から頂いたエチゴビール

  4. 3/16 産学官連携シンポジウム「KYOTO AI(きょうと あい) …

  5. (2/7) SMBCセミナーで登壇します

  6. 『日経情報ストラテジー』連載16回 回帰分析!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP