横浜国大での英語授業動画です

横浜国立大学で、ビジネス実務データ分析の授業「Modeling with statistics」を半年間担当しました。留学生向けの授業のため、全て英語です。ここは日産で鍛えられた成果が出ました。

先日最終講義を行い、期末試験レポートをアナウンスしたところです。実務家による、実務で使える内容が大学でもどんどん求められるようになってきました。

来年度も担当することが決まっています。また、楽しみですね。

英語での研修をご希望の方はご相談に乗ります。

 

 

 

関連記事

  1. 日経BP主催『仮説立案実践講座』(8/31)のご案内

  2. データ分析活用のカギは「統計を学ぶこと」ではありません

  3. 多摩大大学院ビジネススクールで教授表彰を頂きました

  4. データで成果を出すために必要なことを整理してみました

  5. 「データ分析」を仕事に活かすための3つの箱とは

  6. 5/29発売『週刊東洋経済』データ分析特集に登場

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP