英語でのパンフレットを作りました

最新パンフレットの英語版を作りました。

 

データ分析やロジカルシンキングは、大量のデータと機械が進化し続ける中で、それらを使いこなす「人のスキル」として益々必要となることは間違いありません。

もちろんそれは日本だけでなく、各国共通です。

 

正月にバンコクの大学でビジネスデータ分析を教えた際にもこの点は強く感じました。

どんどん自分の頭を作って価値の高い仕事のアウトプットを楽しみながら出せるようになることが理想ですね。

 

e382b9e383a9e382a4e383891 e382b9e383a9e382a4e383892 e382b9e383a9e382a4e383893 e382b9e383a9e382a4e383894

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. データがあるのに「分析」ができないのはなぜか?(Biz/Zineオンラ…

  2. 日経xTECH新連載『データ分析を阻む厄介な存在』第3回

  3. データ分析本には載っていない実務活用のコツ(相関編)

  4. インタビュー記事第2段『高度な統計手法が実務に効果的とは限らない。 最…

  5. 11/22 日経BP主催『仮説立案 実践講座』登壇します!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP