10/5発売『AERA』特集に出ます

10/5発売の『AERA』の特集「捨てる哲学」に出ます。
取材のため、どのように書かれているのか、どの程度の記事になっているのか、まだ分かりません。

「個人・企業がモノやコトを捨てられない」のテーマでなぜ私に取材依頼が来たのか最初分かりませんでしたが、精いっぱい対応しました。
普段扱っている「データ」とは全く関係なく、私自身の大きな組織での改革経験が下地になっています。特に、企業側で一度始めた業務や無駄と分かっていても止められない仕事など、なぜそういう事態になるのか、本音ベースでお話しました。

そういう際どいところに飛び込んで、社内改革をやっていたこと+行動経済学による個人のマインドの話を絡めてお話しました。

AERA

是非ご覧下さい。

関連記事

  1. 「日経情報ストラテジー」連載最終回はこちら!

  2. 5/28 SMBCコンサルティング主催『ビジネスデータ分析 実践基礎講…

  3. データ分析力を本当に組織の力にするために何が必要か

  4. 多摩大大学院客員教授に任命されました!

  5. 『人は勘定より感情で決める』電子書籍版発売です

  6. インタビュー記事第2段『高度な統計手法が実務に効果的とは限らない。 最…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP