翔泳社が提供しているBizZineオンライン連載第2回の記事が掲載されました。

 

『先が見えない新事業を「見える化」する方法―Excelによる利益シミュレーション』

と題して、見えない将来の予測をどうシミュレーションするのか、について書きました。

何となくガッツで計画してしまいがちな事業計画をできるだけ定量的に利益計算をすることで、事業の見通しやリスクまで共有することができます。

 

事業計画・提案がぐっと説得力を増す瞬間です。是非、ご覧ください。

http://bizzine.jp/article/detail/1500Bizine

関連記事

  1. 日経XTech新連載『データ分析を阻む厄介な存在』第1回

  2. 連載『あなたの組織がデータを活かせていないワケ』

  3. 横国での「損益シミュレーション」の講義終了しました

  4. 『日経情報ストラテジー4月号』連載「マネージャためのデータリテラシー講…

  5. 新刊『Excelで利益シミュレーションができるようになる本』が発売され…

  6. データ分析活用に必要な本質を図式化してみました(レシピ理論)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP