2019年もお世話になりました

今年の登壇日数は159日でした

 

お蔭様で2019年も無事に予定していたプログラムを全て終了することができました。

皆さまのご支援に心から感謝致します。

 

 

 

 

 

今年は、「データ分析」の観点をより明確に広げて「データ活用」というキーワードを強く打ち出した一年となりました。その一つの金字塔が、今年出版した『問題解決できる! 武器としてのデータ活用術』(翔泳社)です。

 

データを活用するためには何が必要か。その応用先を民間と行政とに分けて、より明確にそれぞれに示すことができるようになった年とも言えます。

この流れを大切にしながら、よりクオリティの高いサービスを来年もご提供して参りたいと思います。

 

今年1年ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。

関連記事

  1. 福利厚生誌『WELに暮らそう』に寄稿

  2. MarkeZineオンライン記事『なぜ「データ分析力」ではなく「データ…

  3. 新刊『日産で学んだ 世界で活躍するためのデータ分析の教科書』

  4. リモートワーク時代のデータ分析力(1)動画を配信

  5. 【新潟県燕市長とご一緒に】

  6. 【東洋経済新聞社主催:戦略的データ分析活用講座10/27~】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP