Bizzine連載「課題を特定するためのロジカルデータ分析の秘訣は「データの範囲」と「絞り込み比較」」

新潟県燕市にて行ったデータによる課題解決プロジェクトの実録連載第4回が掲載されました。

http://bizzine.jp/article/detail/1979
内閣府が提供するRESASというツールを使って、オープンデータを活用すると「こんなことまでできる」ことを実践しました。
典型的な地方経済(産業)の問題の一つをデータで表現するとこうなります。

 

Bizzine

是非、データ分析活用の事例としてご参考にしてください。

 

このようなことができる人材、組織の育成をサポートしておりますので、ご興味ある方はご相談ください。研修を超えた、他にはないサポートです。

関連記事

  1. スーパーサイエンスハイスクールでデータ活用リテラシーW/S

  2. 【地方自治体研修】新潟県燕市様

  3. リニューアルで書店に登場!「それちょっと、数字で説明してくれる?と言わ…

  4. データで成果を出すために必要なことを整理してみました

  5. 5/15 『Excelによる事業利益シミュレーション基礎講座』を開催

  6. 11/11新刊発売です『データ競争力を上げる上司、下げる上司』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP