横浜国立大学での留学生向け授業ビデオを作成しました

グローバル時代に重要なスキルを学べる場所

 

横浜国立大学での4年制の留学生向けプログラム(YCCS)の中で、私が教えている授業の様子を(自ら)ビデオに収め、素人ながら編集したビデオが完成しました。

それがこちらです:

 

30ヵ国を超える国々から集まった留学生と、一部他の学部の日本人学生も混じり合い、非常に多様性に富んだ授業になっています。

 

このビデオに写っている授業は、「ビジネス問題解決」「ロジカルシンキング(論理思考による提案、プレゼン)」の2つの授業です。

 

全く異なるバックグランドの人たちと、それなりに思考力を要求される結論にどうたどり着くか。

しかも全て英語でそれを行うわけです。海外から来ている同年代の人たちが既にその素地を持っていることを知るだけでも、日本人学生にはかなりな刺激となっています。

 

その活気はこのビデオをご覧頂ければよく伝わると思います。

 

是非ご覧ください。

関連記事

  1. 2018年2月『自治体職員のためのデータ分析の基本』講座に登壇します

  2. 「研修」と「ワークショップ」の組み合わせが実課題での成果に直結していま…

  3. 連載特集ページ『あなたの組織がデータを活かせていないワケ』

  4. インタビュー記事「先に原因と結果のストーリーを考えれば、データ探しに迷…

  5. BizZine連載(「根拠さえ示せばロジックは盤石」は本当か?)

  6. オンライン連載『そもそもデータから答えなんて出てこない』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP