日経BP主催『マネジャーのためのデータリテラシー講座』10/2開催

”分析結果を受け取る人”に必要なデータリテラシーとは?

 

今年度計3回のみ実施される講座が、来る10月2日に開催されます。

分析をする人のスキルや知識、テクニックは多く語られるものの、ではそのアウトプットを合理的に評価、フィードバックできるのか、と言われると悩んでしまう人は多いのではないでしょうか?

にも関わらず、この問いに答える書籍や講座は他に見たことがありません。

 

本内容は、多くの民間企業で定例講座になっているものの、オープンセミナーとしては、日経BPでの開催のみとなっております。

 

決して今の社内の立場が「マネージャー(管理職)」かどうか、は問題ではありませんし、本講座の受講資格でもありません。分析結果を色々な角度から吟味し、分析者自身が気づかない盲点に気が付くことができるリテラシーを学んでみませんか?

 

皆さまの御参加を会場でお待ちしております。よろしくお願い致します。

 

 

https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/nxt/nc191002/

関連記事

  1. データのもったいない使い方~同じデータから立体的に情報を絞り出す

  2. 『100万社のマーケティング連載』行動経済学のマーケへの応用

  3. 対談記事「今日から実践できる!分析の力で組織を動かす極意」

  4. なぜ意味のない「グラフや表」が大量生産されるのか-分析前にすべきこと(…

  5. ビジネス書完全ガイドに「統計の達人」として登場

  6. 5/30日経BP主催『マネジャーのためのデータリテラシー講座』開催!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP