データのもったいない使い方~同じデータから立体的に情報を絞り出す

『成果につなげるデータ分析活用の本質』 第5回連載公開!

 

本日、BtoBマーケティング企業であるONE MARKETINGのサイトにて、私の連載第5回の記事が公開されました。

https://www.onemarketing.jp/lab/btob-marketing/data-analysis_181

 

 

 

 

 

せっかく手に入れたデータから、どうやって潜んだ情報を絞り出すか。

そのために私が研修やセミナーなどで紹介している『多面的な視点』について触れています。

 

多くの人は平均や合計値を代表的な統計指標をとして使っています。

それ自体は間違っていませんが、もっと視点を広げてデータを活用できると、そこから引き出せる情報が立体的になり、その結果としてメッセージにストーリー性が生み出されます。

 

詳しくは記事をご覧ください。 私の研修ではこういった”視点”、”目の付け方”、”データの活かし方”などをテクニックと演習を交えてお伝えしています。

関連記事

  1. 横浜国大でのロジカルシンキング・課題解決授業

  2. BizZine連載「データドリブンが陥る落とし穴」ーRESASを用いた…

  3. IoTやBIと分析スキルとの関係を整理すると・・

  4. なぜ意味のない「グラフや表」が大量生産されるのか-分析前にすべきこと(…

  5. Bizzine連載「課題を特定するためのロジカルデータ分析の秘訣は「デ…

  6. 【オンライン連載】【ワークスタイル】「選ばれる」コンサルタント :サラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP