データ&ストーリー4周年を迎えました

5年目に突入しました

 

日産自動車を退職し、データ&ストーリーとしての活動を初めて、4周年を迎えました。

既に5年目に突入しております。

 

プログラムのコンテンツとしての質はこの4年間で常に磨かれ続け、完成度という意味でほぼゴールに到達したといって良いと思います。この4年間ブレずに「データ分析活用」をテーマに、そしてその前段やベースとなる「仮説立案」や「問題解決」「ロジカルシンキング」に特化してきました。

これからもこの軸はブレません。

 

主なプログラム:

 ①データ分析活用(”データ分析手法”や”データ分析理論”、”データサイエンス”とも一線を画します)

 ②仮説立案(問題解決にもデータ分析活用にも、それらのベースとなり、実務の成果につながる思考法です。他では受けられないプログラムとして依然大人気です)

 ③ロジカルシンキング・ファシリテーション(理屈や理論よりも”実践”に重きを置き、成果を重視するアクティブラーニング形式の内容です。定番として固定化しつつあります)

 

この4年間でその対応範囲も広がり、現在では国や地方自治体、高校などの公共組織が約3割、民間企業が7割というバランスです。

 

また、当初は9割が研修であったものが、現在では全体の約4割が、研修の先にある

「実務サポート(実業務課題、実データを用いたプロジェクト型の人材育成・コンサルテーション)」

となってきています。今後も益々この需要は増えると想定されます。ただ、こちら側のリソースが限られている上に、これらのサポートは時間とリソースを必要とするために、早い者勝ちとなっている状況です。

これからも「具体的な成果」「実務パフォーマンスへの直結」に徹底的にこだわり、私ならではのプログラムをご提供し続けます。

どうぞ引き続きよろしくお願い致します。

関連記事

  1. データサイエンティストサミットで基調講演を行いました

  2. 地方自治体向け月刊誌「ガバナンス8/1号」特集記事を書きました

  3. なぜダイエットが長続きしないのか:宣伝会議『100万社のマーケティング…

  4. 2/11鹿児島にてRESASシンポジウム基調講演致します

  5. 統計学の研修がなぜ企業で受けないのか

  6. BizZineオンライン連載「「それ、儲かるの?」にどう答えるか―Ex…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP