新刊『武器としてのデータ活用術』の表紙が確定しました!

 地方自治体、高校生からビジネスマンに至るまで、データ活用の本質はこれだ!

 

2019年10月15日に発売予定の、『問題解決できる! 武器としてのデータ活用術』の表紙が最終的にこちらに確定致しました。

色使いや、「SDGs」「働き方」「人生100年」「年金2000万」「データサイエンス」「AI」など流行り言葉をタイトルや内容に使わないというこだわりを全て反映頂きました。

 

一時の流行りワードで”釣る”ような軽いノリの本ではありません。

 

データ活用の本質を誠意をもってお伝えすることだけを考えて書きました。

私の活動のこれまでの集大成とも言えます。是非ご期待下さい。

 

 

関連記事

  1. オンラインを前提としたプログラムオプションのご紹介

  2. データ分析、データサイエンス、ビッグデータの関係は「家具作り」にあり

  3. 息子の夏休み自由研究に見る「データ活用」の実践的考え方

  4. 5/14 「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・講座開催

  5. 日経BP主催『「仮説立案」実践講座』(9/18)

  6. 『武器としてのデータ活用術』書店での展開をまとめてみました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP