10/15新刊が出ます『武器としてのデータ活用術』

一時の流行りに左右されない本質の集大成を本にすることができました

 

約2か月先(10/15)ですが新刊が出ます。

どんなケースもやっぱり最後はここに行き着く」ポイントを迷いなく書きあげた、これまでの活動の集大成と言える一冊です。

 

データ分析のやり方や統計学、統計理論などはほとんど出てきません。やさしい内容にしたから、ではありません。それよりもデータを活用する上でもっと重要で本質的な内容に絞って書いたからです。

 

この内容ができなければ、どんなデータ分析も意味を成さないでしょうし、どんなデータサイエンスも数字遊びとなるでしょう。

個人的には「たくさん売れる」ことはゴールではなく(出版社さんごめんなさい)、必要としている人にとっては10万円以上の価値を提供できる会心の自信作です(そしてそれが完成しました)。

私が考えた英語での表記「Data-Weaponizing Power」そのものを地で行く内容です。

 

 

 

 

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4798160466

 

是非お楽しみに!

 

関連記事

  1. 【地方自治体研修】新潟県燕市様

  2. オンラインインタビュー『「御社のデータ活用」が一向に進まないワケ』

  3. 6/23 オンライン基調講演『【データ活用のトリセツ第一回】“旬な”デ…

  4. 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う対応についてのお知らせ

  5. 6/1日経BP『課題解決のためのデータ分析入門』開催!!

  6. Noteコラム『データ分析活用:行政と民間はここが違う 』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP