自治体向けデータ活用成果発表会をオンラインで実施しました

実行政課題にデータ分析を当てはめた成果とは

 

今年度サポートをさせて頂いた全国の自治体(市町村や県レベル)の皆さまに、実課題でのデータ分析活用の成果をオンラインで発表頂くイベントを初めて企画し、本日実施しました。

 

 

私のプログラムの中では、研修に続き、実際の実課題、実データを用いた実践ワークショップを行い、成果を出すまでのサポートをさせて頂くケースが圧倒的に多いです。

 

このプログラムの中では、目的や問題の定義の仕方や、それに沿ったデータや指標の選び方などの難しさを体験して頂き、それらのハードルの乗り越え方をアドバイスさせて頂き、背中を押すことで、実際の成果を出す成功体験を積んで頂くことができます。

同時に、その成果の価値も認識頂くことで、行政実務の中でのデータを活用する動機付けにもなり得ます。

 

これは常々、一つの自治体に成果をとどめておくのは勿体ないと感じていたところ、コロナの状況下におけるオンライン環境の中で実現することができました。

今回は、沖縄から東北まで全国津々浦々の自治体の方々に広くご参加頂きました。

その中から7ケース発表頂き、参加者皆さまの糧にして頂くべく、機会をご提供できたのではないかと思っています。

どの発表内容もとても質と完成度の高いものばかりで、それぞれについては一度私は拝見しているのですが、改めて見ることで本当に感動してしまいました。

 

 

 

 

 

 

ある参加者の方からも「これこそ行政に必要なアプローチ、プロセスであり、自治体の職員の皆さんが主体的にこのような成果を出せることは素晴らしい!」とコメントを頂きました。

 

本当に実施できて良かったです。そして是非参加頂いた皆様の今後の力になっていけば、とても光栄に思います。

 

是非来年度も第2回を企画し、皆さんと一緒に更なる高みを目指していけたらと思っています。

 

ありがとうございました。本当に良い一日となりました。またよろしくお願い致します。

 

 

関連記事

  1. オンライン講座/研修への受講者の声を紹介します

  2. 仕事や課題の見え方が変わる!ロジカルシンキング・プログラム始動

  3. 三越伊勢丹様との対談を掲載しました

  4. 日経BP主催「課題解決のための」データ分析入門終了!

  5. リモートワーク時代のデータ分析力(1)動画を配信

  6. 3/16 産学官連携シンポジウム「KYOTO AI(きょうと あい) …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP