「行政へのデータ活用成果全国発表会」EBPMレポート掲載!

オンラインだからこそ価値を発揮した全国発表会(EBPM)

 

昨年末に、私のクライアントである全国の地方自治体(市役所や県庁など)の皆さんにお声掛けをし、データ活用のアウトプット発表会をオンラインで実施しました。

今年度研修を受けて頂き、その上でそれぞれの行政実務課題にデータ活用を当てはめ、提案まで導き出してもらうワークショップを研修後に行ってきました。

 

同じ人間(私)から同じ内容のトレーニングを受けた方々が、それぞれのゴールに対して出した結論とそこに至るプロセスや考え方、道筋など得るものが大変多く、それをオンラインで一堂に会して共有することができました。

そのレポートを発表頂いた内容の抜粋と共に私が記事としてまとめ、当日取材に入った 一般社団法人 行政情報システム研究所(AIS) が発行する誌面に掲載されることになりました。

その特集記事全文が以下のリンク先にあるPDFでご覧頂けます。

 

「データを実務で活かす(特に行政実務)とはこういうことだった」ということが直感的にお分かり頂けると思いますので、是非ご覧ください。

https://www.iais.or.jp/articles/articlesa/20210203/202102_07-1/

関連記事

  1. BizZine連載:“データで課題解決”をロジカルに進める、3つのポイ…

  2. 地方自治体でのデータ活用の取り組み成果が新聞記事に(和歌山県紀の川市役…

  3. 翔泳社主催『柏木先生に学ぶ、実務家のための「データ活用」徹底実践講座』…

  4. 日経BP主催「課題解決のための」データ分析入門終了!

  5. 社内変革のための”ロジカル”ファシリテーションとは?

  6. 高校生向けにデータ活用リテラシーワークショップを行います

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP