『日経TRENDY 4月号』にデータ活用の寄稿

仕事にすぐ効くデータ解読術

  

3月4日発売の『日経TRENDY 4月号』に上記テーマで寄稿しています。

2ページの短い記事ではありますが、「データを活用するってどういうことか」「何がポイントとなるのか」について初心者にも十分伝わるように書いています。

    

記事の中では以下のポイントを中心にお伝えしています:

 ・データ活用には目的が極めて重要

 ・”現状把握”だけでなく”評価”をすることが求められる。ではどう”評価”をするか

 ・データからより多くの情報を得るには、データをどう見ればよいか

   

  ネタとして、

現在私が住んでいる横浜市から、温暖な地を求めて移住先を考えるときに、例えば浜松市はどう見えるのか。そして、明らかに寒い札幌市はデータでどう”評価”できるのか。


を簡単なストーリー仕立てでお伝えしています。

     

本誌全体の主テーマとは関係ない特集ですが、同じく日経BP社が発刊した「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」と絡めた内容にしています。

   

なるほど、そういうことがまずはデータ活用には必要なのか

     

ということを簡単にまとめて知りたい方には最適です。是非ご覧ください。

関連記事

  1. 7/28 日経BP主催『仮説立案実践講座』登壇です

  2. 『日経情報ストラテジー12月号』連載:あまのじゃくなロジカルシンキング…

  3. IT Leadersでインタビュー記事が公開されました

  4. 横浜国大でのロジカルシンキング・課題解決授業

  5. HDE社主催 データ分析手法を活用した起案資料作成方法を学ぶセミナー …

  6. 宣伝会議『100万社のマーケティング』行動経済学連載 現状維持バイアス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP