IoTやBIと分析スキルとの関係を整理すると・・

最近のバズワードとして、IoT (Internet of Things)やBI(Business Intelligence)などが挙がります。

これらをビジネスの軸にしているコンサルやベンダーはこぞって「これからはIoTの時代」や「BIで問題解決!」といったコピーを連発しています。

いずれも嘘ではないものの、それを導入しただけで何かが変わると考えると期待過剰となる恐れがあります。

 

場合によっては、データサイエンス、データ分析、統計などとこれらIoTやBIなどのアプリケーションがごちゃまぜになって語られることも少なくありません。

 

一体、データやデータ分析を活用したいと考える企業は何を見てどこに向かえばよいのでしょうか?

 

そこで、私なりにこれらの関係をできるだけ簡素にまとめてみました。

 

IOT

 

 

 

 

 

 

・IoT技術は、情報(データ)収集先を色々なモノに繋げて、これまでに無かったデータ収集を大量に行います。

 

・BIツールは、大量のデータをユーザーの使い勝手よく、可視化して見せてくれます。

 

いずれも、それぞれ単独で何かが起こせるわけではないことにお気づきでしょうか?

それらを見て、判断し、必要な情報を事前にインプットし、使いこなすのは、最終的には人間(分析者)です。やはり、これらのツールを使う上でも、ユーザーの課題解決力、データリテラシーは必要です。

コンピューターも、人工知能(AI)も人に代わってこの部分をやってくれるには至っていません。

 

是非、多くの方が基礎的な課題解決スキル、データマネジメント(分析)スキルを身に付けて、これらのツールをバシバシ使いこなせるようにもなって頂きたいですね。

関連記事

  1. 自治体職員向け:行政にデータ(分析)を行かす人材育成プログラム

  2. BizZine連載第3回『日本で富士山に次いで高い山は?」に答える、分…

  3. 「ビジネスパーソンが持つべきデータリテラシー」と題した基調講演を致しま…

  4. 【BOOKSCAN取材インタビュー記事が掲載されました】

  5. オンライン連載『そもそもデータから答えなんて出てこない』

  6. 100万社のマーケティング3月号「行動経済学」連載

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP