実務データ分析虎の巻Vol.39(課題定義が全てを決する)

課題定義が全てを決する

 

 

 

新潟県燕市役所職員を対象としたデータを活用したプロジェクトを毎年サポートさせて頂いています。

若手職員による実在のデータやテーマを扱うプロジェクトで、初年度は「観光振興」をテーマに課題を掘り下げ、提言を作りました。

そして、その翌年のテーマは

 

「地場産業を活性化するには」でした。

   

 ではみなさんがこのテーマを与えられて最初に考える/行うことは何でしょうか?

 

プロジェクトでは、課題がぐらつかないよう、無駄なデータ分析に走らないよう、まずはチームで課題をしっかり定義しました。具体的には次の2つです。

 

 ・地場産業とはどんな定義・指標で範囲を決めるのか

 ・“活性化している”とはどんな状態で、測る指標は何か

 

これらを決めないでデータを集めたり、分析に入ったりするとどうなるでしょう。

 

人によって定義や評価基準が異なるため、集めるデータも分析結果や結論までバラバラになってしまいます。それをやり直したり統一することのコストは甚大です。

 

地場産業を定義する指標として「売上額」「従業員数」「歴史」「知名度」など、活性化の指標として「売上額の増減」「新規商品数」「認知度」などが挙がりましたが、チームとしてよりユニークな指標も検討しました。

 

この定義に沿って、必要なデータや分析方法を決め、実際のデータの入手可否などとの塩梅を見ながら現実解を探り、具体的な方策や提言につなげたのです。

 

最初の”入り口“が全ての効率や成果を大きく左右することをメンバー全員で改めて確認しました。

 

曖昧な課題定義によるインプット(データや指標)で検討や分析を始めてしまい、結局期待する答えが得られなかったという経験はありませんか?

それは、分析の問題ではなく、(入り口の)課題定義の問題である可能性がありますよ。

関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.7(正しいアプローチでも“使えない”結果に…

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.46 (「統計」って一体何するものか知って…

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.4(ゴールを見据えたデータ集め)

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.38(研修の効果を最大化する鍵はこの”違い…

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.32(分解と逆の発想)

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.18(最初の課題定義で気を付けること:その…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP